2015年09月18日

大阪市営バス、運転手給料38%減案 市長

大阪市交通局は、赤字が続く市営バス運転手の給料を将来的に38%カットする方針を固めた. 橋下徹市長は現業職員の給料を民間並み水準にする方針だが、「一気の削減は法的にも難しいかもしれない」と段階的なカットを示唆した. 労働組合の反発は必至だ. 交通局によると、約700人の市バス運転手の平均年収は739万円(49.7歳). 厚生労働省の統計調査をもとに、府内のバス事業者の平均460万円(47.3歳)にあわせる方針で、年間で約280万円(約38%)をカットし、総額で約20億円以上の削減になる見込みという. 【ブログシティ】asahi.com(朝日新聞社): 日経 同局は地下鉄運転士や駅員ら他の部門の現業職員約4800人の給料カットも検討. サッカーシューズ ルブタン サンダル 近く大阪交通労働組合(大交)と交渉する. 市と労組は給料について協約を結んでおり、カットには労使の合意による協約の再締結が必要になる.
posted by YamadaNarumi at 02:52| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください