2016年12月12日

ラグビー協会、赤字3.5億円 11年度、

日本ラグビー協会は28日の理事会で2011年度決算を承認し、収支は3億5042万円の赤字となった. トップリーグ、大学選手権、日本選手権すべてで入場者数が減り、試合収入は前年比7498万円減. 支出は、W杯があったため日本代表強化費などが約2億円増えた. 矢部達三専務理事は「代表のW杯の成績がトップリーグに影を落とした. Lebron James 大学は早慶明3校すべてが史上初めて4強に入れず、準決勝、決勝の入場者減が響いた」と語った. また、13年度からトップリーグの参加チームを14から16に増やす改革案が承認された. 各チームに新しい運営方式を説明し、近く正式発表する.

posted by YamadaNarumi at 05:22| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください